便利に利用できる

現在、家庭用ウォーターサーバーの普及が進んでいる。
これは、人が飲料水に抱く意識レベルが年々高くなっている事を指示している。
飲料メーカーは近年、「水」製品開発に力を入れている。
これは、人々が安全でおいしい「水」には、清涼飲料水を始めとする各種飲料と同じかそれよりも高いお金を払っても購入するという需要が高まっているからである。
しかし、そこに登場したのが家庭用ウォーターサーバーである。
安全な水を大量に安く家庭で手に入れる事ができるこのウォーターサーバーは、水製品のメーカには大きな障害となっている。
家庭用浄水器などもかつては話題になったが、おいしさでは、水道水はウォーターサーバーの水には勝つことができないのが現状である。

現在、サーバーの貸与費用は無料としているベンダーが主流である。
水の単価はベンダーによって異なるが、1リットルあたり約80円~約200円とかなり幅がある。
価格に差が出るポイントの1つに、天然水かRO水かの違いがある。
前者は特定水源から採水された水を差す。
加熱殺菌などの処理は行われてるが、自然のミネラルが豊富に含まれており、RO水と比べ高価である。
RO水とは、水道水などを徹底的にろ過し、後工程でミネラル分を人の手により追加する事で作られる水である。
大量生産が可能なため、安価に供給されるが、人口水という面を強く持つ。
この様に、「水」に対し付加価値を付けるベンダーの家庭用ウォーターサーバーは比較的高価になる傾向を持つ。

Copyright(c)2015 家庭用のウォーターサーバーを、便利に活用する方法